豊洲市場屋上緑化広場の開放が23時まで延長したので東京の夜景を撮影してきた

豊洲市場が開場してから2週間、みなさまは豊洲市場の水産仲卸売場棟にある屋上緑化広場にはもう行かれましたか?

 

屋上緑化広場は東京都心を全く新しいアングルから眺めることができるビュースポットなんですが、なんと先週頃から開放時間が23時まで延長され、しかも市場休市日の日曜祝日や一部水曜日も開放されるようになりました。

↓↓↓の記事で今週からと書きましたが、実際は先週ごろからすでに新しい時間で開放されてます。

 

そのため、なんと先週火曜日に訪れたときには閉鎖されていた、屋上緑化広場から豊洲ぐるり公園とをダイレクトで結べるデッキ、エレベーターに行けるようになってました。

 

これはうれしい!

夜景を余すところなく撮影できるではありませんか!

 

ということでさっそく豊洲市場の屋上緑化広場から東京の夜景を撮影してきました。



スポンサーリンク

最高のマジックアワー

どうですかこのレインボーブリッジのマジックアワー!

さすがに周りは市場、市場、市場なので夜景デートにはあんまり使いどころがありませんが、デートスポットに匹敵する眺めが堪能できます。

 

アングルは最高なんですが施設配置の関係上この写りが限界。

そして撮影日はお昼過ぎまで雨が降ったりやんだりしていましたので結果的に空気が澄みコントラストが映える状況になりました。

これが冬ならもっと最高のロケーションになるはず。

 

対岸、晴海客船ターミナルとその向こう側には東京タワーも見えますね。

先週訪れたときに停泊していた客船はすでに出発していました。

 

↓↓の記事で晴海客船ターミナルを撮ったときにいた船です。

 

もっと望遠がほしいところですが、あいにく私のレンズ環境では持ち合わせていません。

あと、この時間でも選手村の建設工事は終わることがありませんでした。

運河で離れていても、けっこう工事の音は聞こえてきます。

(2~3交代制でやっていると思われる)

 

東京湾と汐留~品川あたりまでの都心の様子。

 

今回はまばらにしか映っていない屋形船も休日は列をなすことも。

msb田町ステーションタワーの門型ライトアップがひときわ目立ちます。

 

豊洲大橋~晴海アイランドトリトンスクエア方向。

 

あと2週間で豊洲大橋にも車が通るようになる・・・

 

そしてマジックアワー撮影の最後は豊洲駅と周辺の街並み。

 

高層マンションとオフィスビルが横一線に並んでますね。

あ、ららぽーと豊洲ってそんなところにあったんだ・・・もっと右手かと思ってました。

夜の東京の街並み

さらに暗くなった夜の東京の街並みもご覧頂きましょう。

画像をタッチ、クリックすると拡大します

※一部屋上緑化広場ではなく、デッキ、または地上から撮影した画像もあります

 

 

さいごに撮影中の様子でも。

たしかに17時過ぎに警備の人が巡回に来ていましたが私に何かを言うことなくそのまま巡回を続けてました。

あと、豊洲市場も東京ベイエリアの例外なく10月の時点で海風が強く吹いてきて非常に寒いです。

そして、平日で市場の営業が終了した時間ということもあってか私の他に夜景を見たり撮影したりしに来ていた人はだれもいませんでした。

直前まで豊洲市場の飲食店が開店してた時間帯のに非常にもったいない。

 

まあ23時まで開放されているのは豊洲市場側も公開していませんし、徐々に知名度が上がれば見物客も増えるんでしょうか・・・

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。