no-image

豊洲市場の屋上緑化広場から東京の眺めを楽しんでみた

10月11日に豊洲市場が開場されました。

みなさまはもう見学に行かれましたか?

10月13日から一般見学ができるようになりました。

 

その豊洲市場なんですが、3棟あるうちの水産仲卸棟の屋上が広場として市場が開いている時間帯に一般開放されています。

※追記:先週頃より開放時間が23時まで延長、さらに休市日も開放されるようになりました。

この広場から見える東京の都心がすばらしくきれいですので、お見せしちゃいます!

 

さらに、別な日ですが、夜景も撮ってきちゃいました!



スポンサーリンク

屋上緑化広場への行き方

まず、屋上緑化広場へはどう行くか?

 

案内が目立たないのでわかりにくいんですが、ゆりかもめ市場前駅から行く場合、水産仲卸棟へと歩くデッキの途中、左手に目立たないですがエレベーターがあります。

実はこのエレベーター、下を通る太い通りとデッキを結んでいるだけでなくなんと上の階にあるデッキに通じていまして、このエレベーターで5階のデッキに上がれます。

そのデッキを歩き、案内に沿って階段をあがると屋上緑化広場に着きます。

 

あと、開放時間延長に合わせ豊洲ぐるり公園から豊洲市場の屋上緑化広場に直結するエレベーターが動き出しています。

こちらも合わせれば豊洲ぐるり公園までラクラク行けるようになりますね。

東京都心の眺めを楽しむ

晴海埠頭方向

東京オリンピック選手村の工事も建物の低層階の鉄骨がかなり組み上がってきてます。

 

晴海客船ターミナル

将来の取り壊しが決定している晴海客船ターミナル。

客船が入港しているのが見られるのもあと数年。

晴海信号塔だけが時代の生き証人になるか。

 

晴海三丁目、豊洲方向

東京湾岸も高層ビルや高層マンションがニョキニョキ、壁のようにそびえ立ってます。

 

汐留、芝浦方向

汐留、芝浦方向はこのとおり、広場の隅っこギリギリまで行くとキレイな見晴らしの良さが味わえます。

 

レインボーブリッジ

さすがに建物の影になってしまいますがレインボーブリッジも見られます。

土曜日の16時頃に行くとお台場の方へ向かう屋形船や水上バスの列が見られるかもしれません。

 

お台場方向

かろうじて有明のユニクロの配送センター越しにお台場が見える場所がありました。

晴海と東京タワー

ほんの狭いエリアですが東京タワーがきれいに見られる場所を見つけました。

場所は屋上緑化広場の南東側です。

ただし望遠レンズは必須。

 

市場前駅方向

豊洲埠頭の一角にも高層マンションが立ってます。

その左側のやや背の低い建物は新豊洲変電所。

マンションともども2000年まで存在した火力発電所の跡地にあり、地下に変電設備がある施設。

 

有明方向

ここからは屋上緑化広場に取り付いているデッキより撮影。

 

こちらもこちらでタワーマンションがニョキニョキ生えてきてます。

クレーンに取り囲まれてるかのような場所に豊洲市場はあるんですね。

よく見ると有明コロシアムやワシントンホテル、東京ビッグサイトの会議棟も見えます。

手前にある「UNDER ARMOUR」はアメリカのスポーツウェアブランドで昨年オープンした日本での旗艦店。

 

元豊洲石炭埠頭、千客万来施設建設予定地方向

TBSの劇場が見えますね。

その手前の空き地に千客万来施設が建つ予定でした。

いまから11年前、2005年夏に訪れたときにはすでに廃墟と化していた豊洲石炭埠頭のボロい施設が懐かしく思えます。

その奥にはなんとスカイツリーも見えます!

大量の高層マンションの列もちょうどスカイツリーの方向だけ川で開けているんですね。

 

環状2号線

豊洲市場の開場延期により道路完成後も長らく放置状態だった環状2号線、11月4日に暫定開通することが決まっています。

暫定開通なのは築地市場がつい最近まで開いていたために跡地を貫く道路工事が始まっていないためです。

築地から豊洲にお引越しした2600台ものターレやフォークリフトはこの奥にある豊洲大橋を渡って自力でやってきました。

 

バリケードも設置されていて都心にいながら廃墟感を味わえたこの場所も来月からは大量の車が通る交通の要衝として本領を発揮してくれそうです。

さいごに感想や注意点を

豊洲市場の屋上緑化広場にひと足先に行ってきてわかったのは、晴れた日だったらもっと東京都心がキレイに見られたんだろうなという点ですね。

ちょうど秋雨の時期に行ったのでこの日はどんよりとした曇り空でした。

あと、殺伐としがちな市場にいながらここだけ非常にまったりした雰囲気だったためか広場に滞在している人も散見できました。

 

注意点としましては、この広場も豊洲市場の見学施設と一緒で17時までの開場なので夜景は見られません。

強いて言えば12月~翌年1月前後の日の出が遅い時期に夜明け前の東京の街並みが一望できますか。

そして日曜祝日休市日は豊洲市場が閉場するため、この屋上緑化広場にも入れません。

 

※追記:先週頃から開放時間が23時まで延長、さらに休市日も開放されるようになりました。

これで日の出だけでなく日の入りのマジックアワー~夜景撮影ができるようになりました。

ありがとう豊洲市場のスタッフ!

さっそく夜景撮影をしてきちゃいました!

 

(休市日は水曜日に毎月設定されています、この記事を書いている10/17も休市日に設定されていました)

休市日カレンダーは東京都中央卸売市場のHPから確認できます。

あくまでも市場にある施設の一つですからね。

この点はご注意ください。

 

豊洲市場に行かれる方、この屋上緑化広場にも行かないと損ですよ!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。