関東に住んでる男が大阪の道頓堀川、戎橋を撮り歩き

5月20日に京都と大阪に行ってきました!。

 

主な目的は京都の瑠璃光院拝観だったんですが、実は昨年の大阪観光で一ヶ所だけ行ってない場所がありったことを思い出しました。

 

グリコの看板を見てへん!!

 

ということでこの日は京都観光も検討していたんですが、急遽新快速と大阪メトロを乗り継いで大阪のミナミにある戎橋周辺へと足を運びました!

このときに撮影してきた写真をご紹介していきます。

 

瑠璃光院を撮影した記事はこちら。

 かめらあんどふりぃとーく
かめらあんどふりぃとーく
https://jinjiang.info/entry/20180521-074400
カメラ、写真撮影の技術や裏話、撮影スポットを紹介しています
 かめらあんどふりぃとーく
かめらあんどふりぃとーく
https://jinjiang.info/entry/20180521-200200
カメラ、写真撮影の技術や裏話、撮影スポットを紹介しています
 かめらあんどふりぃとーく
かめらあんどふりぃとーく
https://jinjiang.info/entry/20180522-200200
カメラ、写真撮影の技術や裏話、撮影スポットを紹介しています

3記事ありますので順にご覧ください。

広告

戎橋と言えばやっぱりグリコの看板!

心斎橋の駅から歩いて10分、ようーやく戎橋に着きました!

やっぱり見ないといけないのはグリコの看板ってことで、みなさんご存知グリコの看板から撮影。

 

グリコの看板は2014年にリニューアルをした6代目で、ネオンからいま流行りのフルカラーLEDに取り替えられたのが特徴。

LEDになったことで、夜になると映像が映し出せるようになりました。

 

橋の上じゃみんなグリコのおじさんのポーズして記念撮影してました。

これみんな、加工なり何なりしてインスタに上げてるんでしょうね。

 

喋り方を聞いてみてもどこか別の地方から観光客というわけではなく、大阪かもしくは周りの府県に住んでいる人の可能性が大。

 

東京にも街にある有名な橋に日本橋(にほんばし)があるんですが、高速道路の下になってます。

どうも高速道路を地下に強引に潜らせてしまおうという計画もあるようで。

図面見たんですが、あまりに強引すぎて急坂になっていて渋滞起きるぞ絶対に。

他の看板も見てみた

他の看板も見ていきます。

さすが戎橋周辺、たくさんの人がごった返しているので広告看板が非常に多め。

それが種々雑多にズラーッと並んで景観を作ってます。

 

スーパーミリオンヘアーといえば関東でもアタック25でおなじみ。

故梨元勝氏がCMに出演し、「増えてる増えてる~」は有名フレーズ。

アタック25は大阪のABC制作です。

 

あと大阪ならではの看板といえば「かに道楽(関東にもお店あるよ!)」ちょっと離れてふぐを使ったてっちり鍋の「づぼらや」、あとは絶対パチンコ屋だろってくらい夜のネオンがド派手なのが目印な大阪のオバちゃんの味方、激安スーパー「スーパー玉出」なんてのもありました。

ピップ」は大阪の会社ですし、「グリコ」も実は大阪の会社。

教えてもらう前と後」はTBS系のバラエティーで、制作は大阪のMBS(毎日放送)。

関西ローカルかと思ってましたが私が単にテレビを見てないだけでした。

 

ということでかなり大阪色が強めな看板だらけになってました。

どんだけ人来んねん

実際にこの橋に来て思ったんですが、どんだけ人来んねんって話ですよ。

渋谷駅前のスクランブル交差点並に人が襲いかかってきているんですが、ちょうど道頓堀のど真ん中、戎橋筋と心斎橋筋の商店街の合間にあるんだから仕方がない。

どちらの商店街も見渡せばあるってる人の頭だらけ。

休日には35万人もの人が来るっていうんですから驚きですね。

 

海外の旅行者も目立ちますがしゃべりを見聞きする限り関東人は全くいません。

 

ちなみに大阪では縦に通っている「通り」のことを「筋」と呼んでます。

 

で、こんだけ多くの人間がどこから来ているのか?というと、戎橋筋を行くとちょうど奈良、京都に行く近鉄と神戸に行く阪神と大阪市内を東西に貫いてる地下鉄と和歌山に行く南海のターミナル駅が密集している場所があるんですね。

JR?地図を見ると分かるんですが、どう考えても難波のエリア外です。

 

どうやらここからみなさん歩いてやってきています。

 

ということは関西の人がものすごく行きやすいし帰りやすい!場所になっているってことですね。

道頓堀川の遊歩道に降りられるよ

ちょっと遠回りになるんですが、道頓堀川の遊歩道にも降りられるので降りてみます。

遊歩道へと降りてきました!

 

大阪といえばたくさんの川。

ということで、川を活かした遊覧船がひっきりなしに往来を繰り返してます。

正確に言うともっと奥で折り返してこの戎橋周辺を何度も往復してます。

 

東京にも隅田川のようにでかい川はあるんですが、主ににぎわっているのは浅草から日の出桟橋、お台場を結ぶ水上バスくらいですね。

ジャズ音楽やら落語を楽しめる小型の船なんてものは動いていません。

 

なにやら観覧車のようなものが見えてますが、これについてはあとで触れます。

屋根がない黄色い船のほかにも3~4隻の船が行き交ってました。

 

こちらは一本松海運のとんぼりリバークルーズでつかわれている船で、道頓堀川をぐるぐる周回し、8つの橋をくぐってミナミの街並みを船で楽しめるプランが組まれています。

 

大人900円、子どもは半額、30分間隔での運行と多頻度。

 

白と紫の船は一本松汽船が運航する「てんま」。

一本松海運だの汽船だのと名前が紛らわしいですが、沿革を見たところ一本松汽船は一本松海運から独立した会社のようです。

ドン・キホーテ道頓堀店の観覧車が動いてるよ!

大阪、道頓堀といえば忘れちゃいけないのがドン・キホーテ道頓堀店ですね!

行ってきましたよドン・キホーテに!!

ここがそのドン・キホーテ道頓堀店です。

フィッシュアイレンズを付けているのでビル全体が構図に収まりますね。

ドン・キホーテ道頓堀店といえば関西人なら知らない人はいない、楕円形のレールが付いた観覧車、通称「えびすタワー」です!

 

高さは77mで一周は15分、費用は一人600円と安く、あべのハルカス展望台からも見えるミナミのシンボルですね。

 

で、このえびすタワー、今年1月にようやっと営業再開しました!

 

2005年に営業を開始したものの点検したときにレールにヒビが入っていたとかで長いこと止まったままだったんですが、乗りたいという国内外からの要望を受け2億5000万円をかけて改修して復活することに。

海外の旅行者も「why?ナンデコノカンランシャ、ウゴイテナイノ?」だったようで。

 

えべっさんもドヤ顔で街を見下ろしてます。

 

どこから乗れるの?と思っていたんですが、お店の入口とは別にものすごくこじんまりしてますが観覧車専用の入口が設けられてました。

 

キタのHEP大観覧車、天保山にも大観覧車と大阪市内には実に3つも観覧車があるんだから、観覧車の街としても宣伝をしていってほしいですね。

大阪の有名スポットを回れた

今回、日帰りになった関係上弾丸旅行でしたので夜景やグルメは堪能してないんですが大阪の有名スポットにはほとんど行くことができました!

いずれはあべのハルカスやインテックス大阪からの夜景も楽しみたいんですが、このときばかりは泊まり旅行になるでしょうから日没がすごーく早い冬にならないといけないですね。

 

次に大阪に行くのは9月になるんですが、泊まりでのイベント参加で場合によっては京都に行く可能性もあるので大阪観光はもうしばらく後になりそうです。

撮影に使用したカメラ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。